那賀洋子式・美筋膜について

筋膜と癒着について

筋膜とは、筋肉や骨、内臓だけでなく、神経や血管など、身体のあらゆる部品を個別に包みながら繋げている薄い膜のことで、それぞれの部位が、あるべき場所に適正に位置するよう支えつつ、衝撃などから保護をしています。

筋膜は、”コラーゲン”と”エラスチン”という二つのたんぱく質繊維が、網目状に絡み合いながら、三次元のネットワークとして、一枚続きで全身に張り巡らされており、「第二の骨格」とも呼ばれる重要な役割を担っています。

”コラーゲン”は伸縮性が少なく、”エラスチン”は約2.5倍にもなるほどの伸縮性に富んでいるという性質があり、よく動かす場所のエラスチンはよく伸びますが、あまり動かさない場所は、コラーゲンがエラスチンにまとわりついて、ヨレたまま凝縮します。そして、その凝縮を起こした筋膜同士が接すると、癒着を起こすのです。また、1箇所が癒着することで、一枚続きの筋膜は、全身のバランスを崩していきます。

朝起きて”のび”をする行為は、夜寝ている間に固くなってきた筋膜をほぐすための、人間の本能とも言われています。

全ての物事において、便利で手間がかからなくなった現代人は、仕事や趣味、日常生活のクセなどで、同じ姿勢で過ごす時間が多く、筋膜を固くよれさせ縮めたままの状態にしています。

それが、コリとなり、痛み、疲労感などの原因となっていくのです。

そのような状態のまま運動をしても、筋肉が持つ本来の動きができず、また、癒着箇所は、血液やリンパ液などが流れが悪くなるので、脂肪の代謝も上がらず、思うような運動の結果が得られない原因となります。

筋膜の癒着は自然には取れません。また、一部の癒着を取っただけでは、全身のバランスが整うわけではないので、癒着を起こした時とほぼ同じ状況で生活することになり、またすぐ癒着を起こします。

正しい知識を持った施術者の手で、表層だけでなく、深層まで、きちんと全身の癒着を取ることが重要なのです。

筋膜

筋膜の癒着により起こり得る身体の不調について

筋膜が癒着し、筋肉の可動域が著しく狭まることで、筋肉が動きに依存し自分では流れてはいかない”リンパ液など”が滞り、その箇所の腫れが血管を圧迫し血流も滞ります。

特に、ろっ骨・肩甲骨まわりの筋膜が癒着することで、肺の可動域も限定され、呼吸が浅くなり、脳を含めた全身への酸素の取り込み量が下がります。

悪い姿勢の習慣から、位置がずれたまま内臓の筋膜が癒着することで、内臓本来の健全な動きが阻害され、人間が生命を維持する上で最も重要な、消化・吸収・排泄のバランスが崩れます。

これらは全て体温の上昇を妨げ、心身の”生命力”自体を低下させる原因となります。

肥満 、冷え性、肩こり 、疲労感 、むくみ 、鬱など、現代病とも言える”病院に行っても原因が解らない不調”は、筋膜の癒着が引き起こしていると言っても過言ではありません。

次項では、筋膜の癒着が引き起こす弊害のうち、最も深刻な、”血液やリンパ液などの体液循環の滞りが起こす現象”についてお話しします。

血液やリンパ液などの体液循環の滞りが起こす現象

体重の約70%が水分である人間は、体液循環が滞るだけで、身体の各機能が正常に働かなくなり、あらゆる不調・病気の原因となります。東洋医学で言う、いわゆる”水毒”の状況です。

  • 体温が上がらず、代謝がダウンし、脂肪は固く落ちにくくなる
  • 乳酸が溜まり、全身のコリが悪化・慢性化し、身体の痛みや偏頭痛を起こす
  • 水分代謝が異常になり、浮腫みが悪化、腎臓への負担が大きくなる
  • 栄養がうまく行き渡らないことで、肌の水分・脂分の保持のバランスが崩れ、シミ、シワ、タルミ、乾燥、脂性、吹き出物の原因となり、見た目の老化が始まる
  • 乳酸などの疲労物質が排泄できないので、疲れがたまり、気力が湧きにくくなり、エネルギー不足状態に陥る
  • 血液がドロドロになり、動脈硬化や血栓の原因に
  • 万年酸素不足状態になると、脳の働きも低下し、精神のバランスを崩す原因に

更に次項では、この中の”低体温”が起こす現象についてお話しします。

低体温が起こす現象

  • 免疫力・抵抗力が低下し、病気やアレルギー体質になりやすく治りにくい身体に
  • 体脂肪が燃焼しづらくなる
  • ホルモン分泌の酵素の働きが低下し、ホルモンバランスが崩れ、女性特有の悩みや不妊、更年期障害の原因に
  • 自律神経が乱れ、睡眠不足になり、目の下のクマが慢性化

冷えは万病の元と言います。栄養を摂る前に、まず冷えを取る、を鉄則に!!

那賀洋子式・美筋膜の施術後起きること

  • 筋膜の癒着を剥がすことで、血液、リンパ液の滞りが一気に流れはじめ、溜まっていた老廃物の排出と摂取した栄養吸収がスムーズになる。
  • 骨や筋肉を正しい位置に戻すことで、綺麗な姿勢とボディラインをつくり、日常生活やスポーツのパフォーマンスを、グンとアップさせる。
  • 肋骨や肩甲骨の癒着がなくなることで、呼吸が深く楽になり、細胞の隅々まで酸素が行き渡るようになる。
  • 内臓の癒着がなくなることで、内臓の血流を増やし体温を上げ、各臓器、特に”腸”の蠕動運動を活発にし、人間が本来持つ解毒力・免疫力・自然治癒力が高まっていく

老廃物の停滞を取り除くと身も心も軽くなり、心身ともにリラックスすることで健康に近づきます。その結果として、痩せにくい体が痩せやすくなり、荒れた肌はモチモチの美肌になり、うつ状態や、イライラしてすぐキレる等していたのが、明るく前向きな気持ちになっていくのです。

那賀洋子 筋膜アカデミーブログ 筋膜スリム/筋膜リフトの那賀洋子式・美筋膜 Yoko Naka Fascia Beauty Association